記事一覧

Indo mie Instant Cup Noodles Soto Flavour @ クアラルンプール <平成30年2月3日(土)>

今日のお昼ごはんは、昨年8月のクアラルンプール旅行の際に購入してきた「Indo mie Instant Cup Noodles Soto Flavour」(2RM≒50円)。
IMG_9653.jpg
IMG_9660.jpg

H29.08.17. 最後のSFC修行に出発 【最後のSFC修行 その1】 - 下町おやじの飲み過ぎ食い過ぎ旅日記(ときどき山登り&お散歩)

セブンイレブン2.80RM(マレーシアリンギット)で販売していましたが、セール中だったので2.0RMで購入することができました。日本円にすると、70円の商品を50円で購入できたということになりますので、率で言うと結構割り引いてますね。
なお、Sotoというのはスープという意味です。

Indo mie という会社の作った商品のようです。
IMG_9653.jpg

カップの反対側には英語で作り方が書いてあります。
IMG_9661.jpg

カップをよく見ると「EXPORT PRODUCT」と書いてあり、輸出用であることがわかります。
IMG_9665.jpg
ん?じゃあこのカップ麺はマレーシアの商品じゃないってことね・・・

PRODUCT OF INDONESIAと書いてありますから、インドネシアからの輸入品ですね。
IMG_9668.jpg

カップの中には、粉末タイプの小袋が2つ(1つは2種類のスープが入っています。)、液体タイプの小袋が1つ、折り畳み式フォークが入っています。
IMG_9672.jpg
IMG_9674.jpg

は、ブツブツと切れている短いものが結構ありました。
IMG_9681.jpg
この状態だとよくわかりませんけどね。

カップに書いてある作り方によれば、3種類のスープを一番最初にカップの中にぶちまけることになっていますが、液体タイプの小袋は脂が分離していたので、投入する前にカップ麺の蓋の上で温めることにして、粉末タイプだけ先に投入しました。
IMG_9684.jpg
IMG_9686.jpg
IMG_9690.jpg

3分後に出来上がり。
IMG_9695.jpg
液体スープを投入します。
ん?具が見当たらない?
麺の下に沈んでいるのかな?

麺の食感は、やはりカップヌードルあたりとは全然違います
IMG_9700.jpg
あまり良い食感とは言えません。
それにしても、具は何も入ってないのね。
スープの味は、ピリ辛で柑橘系の酸味もあり、なんとなく東南アジアのスープそばっぽい雰囲気は出ています。

海外のカップ麺を食べる度にいつも思いますが、やはり日本のカップ麺が一番です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
2033位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
212位
アクセスランキングを見る>>